交通違反について知っておきたいこと

ガリバーで高額査定を出してもらうにはhttp://www.xn--mckvd9c7cu48zisp.net/

 

多くの人が日頃から車の運転に注意していながらも、どうしても防ぎきれないケースがあるものです。

逆に、気を付けるなら必ず犯す事の無いだろう違反行為に、駐車違反があります。 ついうっかり標識を見損ねた、少しの時間だったので駐車してしまったなど、言い訳に近い事を含め そのほとんどはやはり運転者の規範意識の低さが原因と言える、防ぐ事の出来る違反と言えると思います。

この駐車違反に類するもので、多くの方が思いもしない違反があるのをご存じでしょうか。 それが、放置駐車違反と言われるもので、運転者では無く、車両の使用者 すなわち車の持ち主にかかる駐車違反とも言えるものです。

これは、駐車違反をした運転者が名乗り出ない、出頭しない場合に、最終的に車両の持主たる使用者の元へ、『放置違反金仮納付書』と共に、『弁明通知書』が送付されてくるものです。 これに異議が無ければ、仮納付書にて放置違反金を納付し、今回の駐車違反に関する追及は終わった事となります。

ここで注目すべきは、駐車違反をした者が直ぐに警察署に出向いた場合には、行政処分点数を科された上に『反則金』を支払う事で完結する この交通違反が、なんらかの理由で警察署に出頭しなかった場合、出来なかった場合に駐車違反から『放置駐車違反』に転じ使用者側、すなわち車の所有者に責任が及ぶ点にあります。

そして 驚くべき違いは、反則金より数千円上乗せされた『放置違反金』の納付でこの駐車違反は完結し、『行政処分点数が科されない』と言う所にあります。 詳しく説明致しませんが、貴方の都合に合わせて選択出来る 有難くも奇妙な制度なのです。