反則金は警察の収入源?

速度違反や駐車違反など、自動車やバイクなどを運転していて交通規則に違反すると、決して安い金額ではない反則金を取られてしまいますが、このお金を納めた後の行方はどうなるのかと言いますと、決して警察の収入源になると言うことではありません。このお金は、日本銀行に集められます。つまり、国庫に納められるわけです。テニス01そうして、総務省の自治財政局と言うお役所が査定をしまして、年に2回、各都道府県や市町村に対して交通安全給付金として交付されます。この交付金額についても、交通違反の検挙数が高いところに多く交付されると言うわけではありません。人口や、或いは交通事故の件数によって金額が決定されるのです。もちろん、人口が多いところや、交通事故の件数が多いところに多めに交付されるのです。その使用用途は、安全対策のための標識であるとか、歩道橋や街灯、或いは信号機やガードレールなどといった交通安全のための費用として役立てられており、しかもその様な交通安全のための費用にしか使うことが出来ないようにきめられているのです。このように、警察の方は交通規則に違反した車などを検挙しますが、その目的は自分達の警察署の収入を上げるためではないと言うことです。

コメントは受け付けていません。