反則金を支払わなかったら?

反則金とは、道路交通法に違反した際に支払う行政処分の科料の一種です。
この処分は交通反則通告制度に基づいて行われるもので、行政処分としての科料を支払った者については、刑事事件として処理しないという制度となっています。
本来ならば交通違反は刑事事件の対象となりますが、自動車交通が発達た現代では交通違反の発生件数は膨大であり、軽微な交通違反について全てを警察や検察が処理することは難しいほか、軽微な交通違反の一件ごとに刑事手続を行うのは経済的・時間的に合理性を欠くことから、この制度が設けられました。
ダンベル交通違反によって捕まった場合、違反者へは違反金の支払いについての通告が行われ、違反者は期限内に定められた金額を警察に対して納付する必要があります。
もし違反者が支払わない場合、交通反則通告制度による手続を受けることはできなくなり、通常の刑事事件と同様に、刑事手続によって処理されることになります。
刑事事件として起訴するかどうかは検察によって決定され、起訴された場合には刑事裁判が開かれ、その判決によって罰金などの刑罰が決定することになります。
なお、故意に支払わないわけではなく、経済的に困窮していて期限内に支払えない場合などについては、各地に設置されている交通違反通告センターに相談することで、刑事手続への移行を猶予してもらえるケースもあります。

コメントは受け付けていません。