制限速度の5km/hオーバー

自動車の運転に慣れてくるとついついスピードを出しすぎてしまうことがあります。
ちょっとくらいなら大丈夫と言われ、よく制限速度の10km/hオーバーまでなら大丈夫などということが平然と言われていたりします。
しかしながら、違反は違反で1km/hオーバーしただけでも厳密には違反になり1点の違反点数が加算され立派な交通違反になります。
しかしながら一般的には警察が主に取り締りを強化しているのは10km/hから15km/h以上の速度超過とされています。スポーツ会場
大阪から神戸に走る国道43号線は尼崎公害訴訟などの影響により、片側最大4車線以上ある大きな幹線道路にも関わらず速度制限が40km/hに制限されています。
この国道43号船ではオービスなどのスピードカメラが多数設置されており取り締まりが非常に厳しくされている幹線道路です。
しかしながら、実際に国道43号線を走行してみると、周りの車は60km/h程度で走っており20km/hもの速度超過をしているのです。
このように、本来であれば大きな違反になるのですが、一般車の流れが出来上がってしまっていると取り締まりが見逃される場合もあります。
しかしながら、これは法律的に認められたものではありませんし、いつ取り締まりを受けても言い逃れをすることはできません。

コメントは受け付けていません。