後ろの車にあおられてスピードを出した

自動車を運転していると様々な状況に出くわします。
例えば、のんびり走っていると後ろから速い車が来て、ついつい自分もスピードを出してしまうこともよくあります。
しかしながら、後続車にあおられたからと言って速度超過をした場合それは道路交通法違反となってしまいます。
この場合はあおられた自動車は速度超過の違反となり、あおった自動車は速度超過に加えて危険運転の違反となります。
このように、一見自分に過失が無いように思えても違反になってしまうことがあります。ストップウォッチ
制限速度で走っているのに後続車にあおられるというようなことがあれば、車線を変更して道路を譲るか、1車線道路の場合は停車して道路を譲るようにしましょう。
このように、後続車にあおられた時には常に煽られるようなことせず、上手に危険をやり過ごすようにしましょう。
逆に、自動車の運転に慣れてきたり、よく通る道路などは通常よりも速く走ってしまいがちです。
そのようなときには自分が相手にプレッシャーを与えるような運転になってしまいがちです。
後続車にあおられたことがある場合には、その時の恐怖を思い出し、自分が相手にプレッシャーを与えるような運転はしないように心がけましょう。

コメントは受け付けていません。